• ホーム
  • 病院のご案内
  • 診療時間・アクセス
  • 臨時休診日・診察時間変更などのお知らせ
  • 病院だより
  • コラム診察室
  • 病院の症例
  • 看護師通信
  • スタッフ紹介
  • リンク

  病院だより

坂本看護師の退職

10年間勤めてくれた看護師の坂本が本日2020年7月15日に退職致しました。
10年前に学校を卒業し、まだ何もわからぬ坂本が、この10年間で厚別中央通どうぶつ病院の看護師の顔として本当に大きな存在にまで成長してくれました。そして本日無事に人生の次のステップを進めるために当院を卒業ができたことは、ひとえに、当院に通って下さる多くの飼い主の方々からの叱咤激励のおかげでありました。本当にありがとうございました。

坂本と当院のこの10年間は、動物と飼い主の方々のために頑張り、上手くいかずに期待に応えられず、みんなで反省会をしてまた頑張り、それでも期待に応えられないことがやはりあり、また反省をしての連続でした。時には、我々が支えないといけない動物や飼い主の方々に支えられてしまうこともあった10年間でした。

退職日までの1週間、私自身も驚くほどの多くの飼い主の方々からの素敵なお言葉や、想いのこもったお花やプレゼントをいただき、坂本のこれまでの頑張りや苦労が全て報われた思いでした。この場を借りて深くお礼申し上げます。

皆様のお気持ちを、坂本も当院もしかと受け止めさせていただきました。

本当にありがとうございました。

厚別中央通どうぶつ病院
院長 伊藤孝太郎

 

緊急事態宣言下の診療について

新型コロナウイルス終息の見通しが立たない現状において、ご来院の方々および病院スタッフの感染予防対策の一環として、以下対応を一時的に取らせいただきます。ご不便をおかけいたしますが、緊急事態宣言下において、治療を継続的に行うための措置として、ご理解ご協力をよろしくお願いいたします。

 

○診療時間 について
診療時間に変更はありません。ただし、14時ー15時を完全予約制時間と変更します。

○消毒について
待合室をご利用の際は、御来院時ならびに帰宅時に手指の消毒にご協力ください。消毒液は受付に置いてあります。

○マスクについて
マスク着用のご協力ならびに発熱や咳などの症状がある場合は、代理の方での御来院にご協力下さい。

○診察について
『接触』の定義に相当する可能性のある対面での診察を極力減らすために、この時期のみ、原則、問診票を中心に診療を行います。ご来院の際には、受付にて問診票を受け取り、お車でお越しの飼い主様は、車中にてご記入並びに待機をお願いいたします。徒歩にてお越しの飼い主様は待合室でお待ちいただけますが、 中庭にもベンチのご用意がありますのでご自由にご使用下さい。診察の順番となりましたら、問診票と共に、ご愛犬、ご愛猫を預かり、必要な検査等を行わせていただきます。ご質問などありましたら予め問診票に詳しくご記入ください。飼い主様と離れて診察を行う事が困難な性格の場合には予めスタッフまでお申し付けください。

順番が近づきましたらご連絡致します。お近くでお散歩等を行いながら診察の順番を待つことをご希望の飼主様は、繫る携帯電話の番号と共に受付にてお申し付け下さい。なお、症状が重い場合は予め受付にてお申し付けください。

○グルーミングについて
混雑を避けるため、この時期のグルーミング処置(爪、耳、肛門腺)は遠慮下さい。痒みなどの症状がある場合にはこの限りではありません。

○その他
治療方針につきましては、お会計時やお電話にてご説明させていただきます。対面での御説明が必要な症状の場合はこの限りではありません。

 

この時期、十分な対応ができないこともあるかと思います。予めお詫び申し上げます。

治療モニター募集

厚別中央通どうぶつ病院では、2019年12月より犬アトピー性皮膚炎に対する新規治療薬サイトポイント(ロキベトマブ)の治療モニターを募集します。

サイトポイントとは?
皮膚科領域では初となる抗体医薬とうい新しいカテゴリーの治療薬です。本治療薬は、従来の治療薬と異なり、人工的に作られた抗体という物質を利用して、痒み発生の引き金となる免疫反応を選択的に抑制することができる薬剤です。そのため、他の有用な免疫反応には影響を与えずに、アトピーによる痒みのみを軽減さることができる初の治療法です。従来の治療薬と比較して効果は同等で副作用が圧倒的に少ない事が期待されています。

モニター募集数
5症例
モニター期間
3ヶ月
モニター条件
○食物アレルギーに対して2ヶ月間の除去食試験を終了していること
○犬ヒゼンダニに対する診断的治療を終了していること
○犬毛包虫感染症の検査が終了していること
○真菌遺伝子検査が終了していること
○非典型的な皮膚症状の場合は皮膚病理検査を終了していること
○過去3ヶ月以内に血液検査を実施していること
○一般的な薬浴を実施していること

特にステロイドや免疫抑制剤(アトピカ)を長期で服用する事で管理しているアトピーのコや、投薬が苦手なコ、1歳未満で薬がまだ使えないコ達には待望の治療薬といえます。モニター募集は当院に通われている方でもそうでない方でも対象としています。

ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

超音波造影ソナゾイドによる肝細胞癌の診断

当院では、肝臓腫瘍の診断に高い有効性を示す超音波造影検査(ソナゾイド)を行なっております。ソナゾイドによる超音波造影検査は、これまで全身麻酔下による手術や大学病院でのCT造影検査でしか診断ができなかった肝臓腫瘍に対して、無麻酔で、かつ高い正診率による診断が可能となります。

超音波造影検査ソナゾイドの対象
・肝臓にシコリが発見されたが、病気や年齢により麻酔下でのCT検査を迷う時
・肝臓にシコリがあるが、手術又は経過観察の判断を迷う時
・良性腫瘍疑いとして経過をみているが、ガンの心配がつきまとう時
・健康診断で肝臓のシコリが見つかった時

ソナゾイドの利点
・無麻酔でCT造影検査と同等の正診率
・造影剤の副作用が極めて稀
・通常エコー検査では検出できないシコリの検出が可能な場合がある
・腎疾患、肝疾患を持っていても実施可能

ソナゾイドの欠点
・造影剤に卵成分を含むため、卵アレルギーのコには使用ができない
・現時点では、すべての腫瘍に対応できるわけではない
・他の造影剤と比較して報告は少ないが、アナフィラキシー、下痢、頭痛などの報告もある。

当院がホームドクターの飼主さまへ
○対象となる場合は、お気軽にスタッフまでご相談下さい。

当院以外がホームドクターの飼主さまへ
○まずはお電話にてご相談下さい。対象疾患か否かをご相談させていただきます。

 

開院10年目

2019年月22日に開院10周年を迎えることができました。たくさんの方々に当院の10年目を祝福していただき本当にうれしかったです。ありがとうございました。10年前に動物と飼主の方々の最良のサポーターとなるべく開院し、その想い変わらず走り続け、あっという間に今日に至りました。10年の間には様々な事があり、様々な我々の力不足もあり、そして様々な努力もしてきました。10年経ってみて、改めて、まだまだ本当に未熟な当院であると思いますが、愛犬愛猫のために当院を選び通って下さる飼主の方々にとってより良いサポーターを目指し、これからも努力を惜しまず頑張る所存です。

素敵なお花やお言葉をたくさんの方々からいただきスタッフ一同深謝しております。皆様の想いは、我々が毎日を頑張れる大きな糧です。

ddd
aa
10周年いただきもの
c
t
スタッフ花

~最後に、スタッフのみんなへ~
サプライズの食事会と素敵なプレゼントすごくびっくりし感動しました。忙しい中たくさんの準備をしてきてくれた事を想うと感慨深かったです。動物と飼主さんのために毎日朝早くから夜遅くまで走り回りながら頑張ってくれて本当にありがとう。
みんなの想いがこもったプレゼント、当院に通ってくれている患者さん達を守る新たなシンボルになるね。
スタッフ看板