病院の症例

分子標的療法薬(パラディア錠)

当院では分子標的療法薬(パラディア錠)によるガン治療を行っております。

分子標的療法薬とは
がん細胞は、増殖に必要な物質を動物の体から取り込んでいます。必要な物質の取り組み口はRTK(受容体型チロシンキナーゼ)と呼ばれています。RTKには、例えると電源スイッチのようなものがあり、スイッチが入ると、必要な物質を取り込んでいくような構造をしています。がん細胞の表面やその周辺にはRTKが多く分布しています。分子標的療法薬は、従来の抗がん剤のように、がん細胞を直接攻撃(結果的には正常細胞の攻撃してしまう)するのではなく、RTKの電源のスイッチをふさぐ事で、がん細胞が増殖に必要な物質の取り込みを阻止する事で癌と戦う治療薬です。

従来の抗がん剤治療の特徴
これまでの抗がん剤は、がん細胞の増殖を直接阻害する事で癌と戦う事を目的とした治療薬でした。
がん細胞の増殖を抑えるために、がん細胞のDNA合成や分裂を薬剤(抗がん剤)で直接阻害するという方法です。しかし、増殖の盛んな正常細胞(骨髄細胞や、腸管の細胞)にも害を与えてしまうため、副作用も多いという大きな欠点を有していました。

 

分子標的療法薬の利点
上記のように、直接細胞を攻撃する薬剤ではないため、従来の抗がん剤と比較して副作用が少ないという特徴を有しています。また、経口薬で自宅での治療が可能です。
分子標的療法薬の欠点
中長期的な使用での耐性や、従来の抗がん剤同様に体質に合わない場合もあります。また、分子標的療法薬の歴史は人の医療を含めてまだ浅く、従来の抗がん剤と比較して副作用の予測がつかない場合もあります。

分子標的薬で効果が期待できる腫瘍
分子標的薬の使用にあたっては、その他の標準的治療でより効果的な治療が適応可能な場合は、そちらを優先させることが推奨されています。下記課題により2018年現時点においては、第一選択薬としてはまだ考えるのは早いという見方が多いです。
・肥満細胞腫
・GIST(消化管の腫瘍)
・肛門嚢腺癌
・甲状腺癌
・口腔内の扁平上皮癌
・鼻腔内癌
・頭頸部癌
・心基底部腫瘍(血管肉腫は除く)
(薬剤の有効性には個体差が比較的強くでます)

分子標的療法薬の課題
分子標的療法薬による治療は外科手術、抗がん剤、放射線療法に続き、第4の癌治療として確立された治療法(がん免疫療法)です。2000年以降、加速度的に発展し、今や人医領域で開発される新規抗がん治療薬のおよそ9割を占め、その効果が期待されている分野です。しかし同時に、まだまだ新しい分野の治療のため、その効果メカニズムや副作用が解明されていない部分があります。そのため従来の癌治療同様に万能な治療ではありません。ただし、これまでは諦めないとならない病態に対しても有効性が示されたり、従来の抗がん剤と比較すると副作用は明らかに少ないという特性が最大の特徴です。

その他
耐性について
使用を続ける事で耐性を示し、効果が認められなくなる場合があります。
長期毒性について
平均6ヶ月程度で、副作用による投与中止が必要となる場合があります。
放射線療法との相性
放射線障害を助長する可能性があり、放射線療法との併用には注意が必要です。

ご使用にあたりご自宅での注意点
およそ90%が糞便中、10%が尿中排泄の薬剤です。代謝物が有害な作用を示すデータはないものの、無害であるというデータもないため、糞尿の取り扱いはご注意下さい。素手等についてしまった場合には十分な流水で洗浄してください。妊娠または授乳中の飼い主様におかれましては胎児にとって有害となる可能性がありますので、特に注意が必要です。

分子標的薬の主な副作用と対処法
食欲不振:2日間以上にわたって摂取量が50%未満であった場合
→摂取量が回復するまで投与を中断し、回復後、投与量を0.5mg/kg減量し再開。

嘔吐や下痢:1日4回未満で2日以上続いた場合
→吐き気止めや下痢止めの服用で対処します。

嘔吐や下痢:1日4回以上で2日以上続いた場合
→嘔吐や下痢が正常化するまで投与を中断し、回復後、投与量を0.5mg/kg減量し再開。

消化管出血:鮮血便または黒いタール状弁が2日以上続く、または明らかな出血。
→回復するまで投与を中断し対症療法を実施。回復後、投与量を0.5mg/kg減量し再開。

低アルブミン血症:アルブミンが1.5g/dL以下の場合
→値が1.5g/dLを超えるまで投与を中断し、回復後、投与量を0.5mg/kg減量し再開。

好中球減少症:好中球数が1000/µL以上の場合
→同一投与量を継続。

好中球減少症:好中球数が1000/µL 以下または好中球減少症発熱、感染症の場合
→値が1000/µLを超え、臨床徴候が正常化するまで投与を中断し、回復後、投与量を0.5mg/kg減
量し再開。

貧血:ヘマトクリットが27%以上の場合
→同一投与量を継続。

貧血:ヘマトクリットが26%以下の場合
→値が26%を超えるまで投与を中断し、回復後、投与量を0.5mg/kg減量し再開。

肝毒性:ALT、ASTが正常範囲上限値の1~3倍内の場合
→同一投与量を継続。

肝毒性:ALT、ASTが正常範囲上限値の3倍を超えている場合
→値が上限値の3倍以下となるまで投与を中断し、回復後、投与量を0.5mg/kg減量し再開。

腎臓毒性:正常範囲上限の1.25倍未満の場合
同一投与量で継続

腎臓毒性:正常範囲上限の1.25倍以上の場合
正常範囲上限1.25倍未満となるまで休薬し、回復後、投与量を0.5mg/kg減量し再開。

歯冠修復(歯の治療)

小型犬では、硬いガムやジャーキーを食べた際に、大型犬では牛骨や蹄、またはワンコ同士で遊んでいて顔同士がぶつかった際に、歯が折れてしまったり、欠けてしまったりする事が時々あります。
従来までは、犬は歯の痛みに強いからや、食べるのに支障がないからという理由を主体に、実際に問題が生じて抜歯が必要となる段階まで治療が行われなかったケースも獣医療では多かったのですが、近年では獣医師、飼い主の歯科に対する意識の向上に伴って、獣医療における歯科の治療選択も少しずつ広がってきています。

過去には、硬いものを噛ませることは歯の健康に役立つという考え方もありましたが、近年では硬いものを習慣的に噛むことによって、少しずつ目に見えない亀裂が歯に生じてしまい、やがては折れてしまったり欠けてしまったりすることが知られるようになってきました。『硬いもの』の定義が具体的に表現されていないのですが、人が噛んでみて、歯型が残る程度の硬さなら大丈夫であると思われます。、
下の写真は、歯の表面を覆うエナメル質が割れてしまった写真です。エナメル質は歯そのものを保護する硬い構造ですが、一度割れてしまうと元に戻ることがありません。また、咬合の際に力のかかる部位であった場合、エナメル質が欠損した部位では、歯の磨耗や破折が生じてしまいます。さらには、歯髄への感染、歯周病への発展なども懸念されます。歯の構造的には人と同じであることから、知覚過敏や歯の痛みなどが生じている可能性もありますが、そのような事を訴えてくれない場合も多いのも動物の歯科の特徴かもしれません。

犬歯の正面から内側のエナメル質が剥がれ落ちてしまっています。
DSCF5848

歯の破損部分を削って修復をしやすい状態に形成していきます。
DSCF5856

折損部分を埋めるように少しずる充填剤を盛っていきます。
DSCF5865

紫外線ライトを照射することで、充填剤の強度を上げることができます。
DSCF5862

充填剤の補填、紫外線照射を繰り返しながら少しづつ盛り上げていきます。
最後に研磨を行い、被覆する液体を塗布することで歯冠修復が終了します。
DSCF5881

歯冠修復は獣医療においても重要な治療であると考えれます。ただし、人の治療の異なり、全身麻酔が必要であることが悩ましいところであり、歯冠修復治療の必要性については、個々の状態による全身麻酔のリスクを天秤にかけて考えることが大切であると思われます。

心嚢水貯留(心タンポナーゼ)

心嚢水貯留とは、心臓と、心臓を包む膜である心膜との間に液体が病的に溜まる現象をいいます。軽度貯留の場合には無症状のこともありますが、貯留量が増加するに従って、心臓の動きが悪くなり、さまざまな程度の血液循環障害が発生してしまいます。また、貯留液の増加によって心膜内の圧力が過度に高まると、心臓の動きが制限されてしまう現象(心タンポナーゼ)が発生し、短時間の内に予後の厳しい状態となってしまうことがあります。

心嚢水貯留の原因
特発性と腫瘍続発性が報告されています。発生率の報告には幅があり、およそ半々の発生率と表現することができます。心タンポナーゼを発生している場合、腫瘍続発性のことが多いとも報告されています。

腫瘍続発性とは、心臓に腫瘍ができることによって生じる心嚢水貯留を意味し、血管肉腫やケモデクトーマ(大動脈小体腫瘍)、中皮腫が多く報告されています。稀なケースとしてはリンパ腫や線維肉腫なども報告されています。

心嚢水貯留の症状
虚弱や腹囲膨満、腹水、呼吸困難、運動不耐性など多彩な臨床症状が認められます。高年齢で発症した場合、臨床症状に気付かない場合もります。

心嚢水貯留の診断方法
臨床症状や、心電図検査(R波減高)、レントゲン検査にて本疾患を疑います。診断には心臓エコー検査心膜穿刺検査が必要となりますが、発生原因の診断には開胸下での病理検査が必要となることがあります。

超音波検査の実際
左右ともに心臓の超音波検査の写真を示します。矢印の内側にはそれぞれ心臓が位置していますが、左の写真では、矢印部分に黒い領域が認められます。超音波検査は、液体を黒く映す性質があることから、左の写真では心臓の周囲に液体(心嚢水)がある事がわかります。それに対して、右の写真では、矢印の内側にすぐ心臓の壁が認められています。
SAKAGUCHI__AIRA_20150310180720_00143KURAGUCHI__REN_20150310180720_00389

超音波検査の限界
超音波検査にて、特発性または腫瘍続発性かの鑑別を行います。しかしながら、超音波検査は塊を形成するタイプの腫瘍が診断対象であり、本疾患を発生させる腫瘍のおよそ30%で塊が形成されない場合があることから、本疾患における超音波検査での鑑別能はおよそ70%程度といえます。

心膜穿刺検査の限界
心膜穿刺検査にて、発生原因の診断を試みます。しかしながら、例え腫瘍続発性の場合であっても、心嚢水内に腫瘍細胞が認められなかったり、正常細胞との鑑別が困難(主に中皮腫)な場合があることから、やはり100%の検査ではないとされています。

治療のながれ
心嚢水の抜去を行います。採取された液体の沈渣分析、胸腹部レントゲン検査、エコー検査(心臓、腹部)、血液検査、CT検査を組み合わせる事で、特発性または腫瘍続発性の検討を行います。(確定診断には心膜の病理組織検査が必須)

① 特発性が疑われた場合
心嚢水の抜去処置を数度繰り返します。心嚢水の抜去後は、一時的に体が楽になりますが、通常は再貯留をしてしまいます。20~60%の確率で3回以内の抜去処置にて改善が期待できるという報告があることより、再貯留の速度に合わせて心嚢水の抜去処置を3回までは実施することが勧められます。

② 腫瘍続発性が疑われた場合
確定診断のための病理組織検査に進むかを相談します。しかしながら、多くのリスクがある検査となってしまうため、慎重な判断が必要となります。

③ 3回の抜去処置でも改善しない場合
●再度の沈渣分析を実施
一定の条件を満たした場合、抗がん剤の検討(高リスク) 。
●外科療法の検討(心膜切除術)
予後不良の確率の方が高い選択肢となってしまうものの、一部では完治の報告も存在します(原因による)。腫瘍続発性の場合、術後の予後はおよそ2週間程度となってしまうこともあります。

心嚢水貯留(心タンポナーゼ)は、発見時には既に重篤な状態となってしまっていることが多く、症状が認められてからの進行がとても早く感じてしまう疾患の一つです。検査や治療のメリット・デメリットをよく相談しながら進める事が大切と思われます。

 

 

口腔内腫瘍

口腔内に発生する腫瘍は、一般的に悪性の比率が高いとされ、また、顔面の変形や、食べたくても食べられないという臨床症状により、QOLの極端な低下をおこす腫瘍疾患の一つであると考えられます。また、口腔内腫瘍に対する最も有効な治療方法である外科手術は、術後の外貌の変化や、発生部位によっては完全な切除が困難であるといった特徴があるため、治療をする側の獣医師としても、治療を受けるかを判断する飼い主としても、治療方針の決定に非常に苦慮をする疾患の一つであると思います。

犬の口腔内腫瘍の発生率は比較的多く、全腫瘍のおよそ6%程度と報告されています。また、発生する腫瘍の6~7割で悪性とされています。一方、猫での発生率はおよそ3%とされ、悪性度は犬と同程度と考えられます。

口腔内に発生する腫瘍の種類
犬:悪性腫瘍である悪性黒色腫、扁平上皮癌、線維肉腫の3種類が多く報告されています。
猫:扁平上皮癌が全体の6割を占め、ついで線維肉腫、歯肉腫が多く報告されています。

口腔内腫瘍の症状
歯ぐきや頬の内側に偶発的にシコリが見つかることから始まり、初期には間欠的な出血や口腔内の匂いの変化などが生じます。
シコリが大きくなるに合わせて、出血量の増加や採食障害、呼吸障害などの合併症が認められるようになります。

口腔内腫瘍の診断
視診により腫瘍の可能性を疑います。レントゲンやCT検査、バイオプシー(生検)などの検査を組み合わせることで確定診断を行い、治療方針の決定を行います。

口腔内腫瘍の治療
一般的に口腔内に発生する悪性腫瘍の場合、局所浸潤性の強いものや、転移率の高いものが多く含まれるため、外科手術による摘出後、放射線療法や化学療法の併用が推奨されています。しかしながら、外科的摘出が不可能であったり、外貌の著しい変化が予想されるため手術を断念する場合も多くあります。また、高齢で発生した場合、麻酔のリスクにより手術そのものを諦めざるおえない場合もあります。治療によるメリットとデメリットや、積極的治療を選択しないという選択肢も含めて、たくさんのことを相談しながら治療方針を決定する必要があります。

手術の実際
口腔内腫瘍は、その発生部位によって外科手術での切除方法が異なります。ここでは下顎に発生した腫瘍に対する両側吻側切除術を示していています。本術式の場合、外貌の変化が少なく、また犬の場合、食事や飲水にほとんど影響が出ないという特徴があります。
DSCF5186a

下顎骨内にも浸潤を示していた今回の手術では、病巣部を確実に含むように下顎骨の切除が必要となります。切除後は、採食に影響が出ずらいような再建が重要です。
DSCF5196b

術後すぐの外貌です。上顎と比較して下顎が切除によって短くなっています。
手術の翌日には食事を開始します。
     DSCF5209d

術後一週間での外貌です。
外貌の変化は少なく、食事や飲水を正常に行うことができています。
     DSCF5211c

口腔内に発生する腫瘍は、悪性の比率が高く、かつ外貌の変化を生じ得る治療選択となってしまうこともあり、治療方針の決定には苦慮することが多い疾患の一つです。また、高齢で発生した場合には、麻酔のリスクも加わります。積極的な治療を選択するにしても、保存的な治療の選択しても、いずれにしても採食や飲水の問題、局所再発や転移の問題が含まれます。治療方針の決定には大きな精神的ストレスも伴います。様々な選択肢の中から、いろいろな事を想定しながら、慎重に治療方針の決定をすることが大切と思います。

レーザー治療

当院では、半導体レーザー照射器を使用したレーザー治療を実施しています。半導体レーザー照射器とは、出力を抑えたレーザー光を体に当てることによって、血行を改善したり、痛みを和らげたりする効果を目的に使用される治療機器です。当院では、椎間板ヘルニアや、関節外科後の疼痛管理や神経賦活効果を期待して使用しています。痛みを伴わない体にやさしい治療法の一つといえます。

当院ではユニ・レーザーと呼ばれる半導体レーザーを使用しています。
IMG_3408
DSC_0562

わずかに熱を伴う光は出ますが、痛みは伴わず照射を
嫌がることはあまりありません。
IMG_7026

各種レーザー治療は、あくまで補助的な治療といえますが、少しでも疼痛を和らげたり、機能回復の一助となることを期待して使用されます。病態によっては投薬が優先される場合もありますが、詳しくはスタッフまでお問い合わせください。