• ホーム
  • 病院のご案内
  • 診療時間・アクセス
  • 臨時休診日・診察時間変更などのお知らせ
  • 病院だより
  • コラム診察室
  • 病院の症例
  • 看護師通信
  • スタッフ紹介
  • リンク

大腿骨頭壊死症(レッグ・ペルテス病)

成長期の子犬が、痛がる様子をあまり見せずに、足を浮かせて歩いたり、なんとなく足をかばって遊んだりしている場合には、大腿骨頭壊死症を原因の一つとして疑う必要があります。大腿骨頭壊死症(以下、レッグ・ペルテス病)とは、大腿骨の先端(大腿骨頭)への血液供給が障害される結果、大腿骨頭の成長障害が生じ、骨の変形・崩壊が生じてしまう疾患です。大腿骨頭はやがて病的骨折を起こし、股関節の硬直や疼痛が永続的に現れるようになります。主にトイ種やミニチュア種の4ヶ月齢から1歳頃までに発症することが多いと言わる股関節の病気です。

 レッグ・ペルテス病の原因
明確な遺伝物質は発見されていないものの、現在のところ遺伝疾患と考えられています。好発犬種にはテリア系、ポメラニアン、ペキニーズ、プードル、ミニチュア・ピンシャー、パグ、ダックス、シェルティー、コッカースパニエル等が含まれます。

レッグ・ペルテス病の症状
初期
なんとなく足をかばって歩く。歩幅が狭いなどの症状から、次第にはっきりとした歩行障害へ         と少しずつ悪化。
慢性期
筋肉の萎縮、慢性的な破行が現れます。破行の程度には個体差があります。

レッグ・ペルテス病の診断
犬種、年齢、臨床症状より本疾患を疑います。典型的にはレントゲン検査にて、大腿骨頭の異常が認められます。しかしながら、発生初期にはレントゲン検査での異常所見が乏しく、また、本疾患の好発犬種では、膝の先天性疾患が多いことから、初期の診断が難しい場合があります。そのため、成長期の子犬で、足をかばうような歩様が続く場合には、繰り返しレントゲン検査を実施することが重要となります。確定診断には、病理検査が必要な疾患です。

検査の実際
一ヶ月かけて少しずつ足をかばう歩行が顕著になってきた10ヶ月のミニチュアダックスの
レントゲン写真です。

DSCF3057 e
左右の股関節のレントゲン写真を拡大して、コントラス調節すると異常が明確に描出されます。
DSCF3054q d DSCF3049 a
右側の股関節の写真では、中央部の骨がスカスカ、モアモアと変化しているのがわかります。この所見が認められた場合、本疾患が強く示唆されます。

レッグ・ペルテス病の治療
レッグ・ペルテス病の臨床症状は様々であり、状況に応じた治療選択が必要になります。症状が軽度な段階では、抗炎症剤による内科療法と、運動制限によって一部の例で改善を認める事もありますが、大半が進行してしまい、残念ながら手術が必要になります。外科手術では直接の痛みの原因となっている大腿骨頭(股関節と関節する部位)を切除する大腿骨頭切除術を実施します。適切な時期に手術を行えば、通常は残った骨と臀部の筋肉で、関節様の構造を形成し、正常な歩行が可能となります。

手術の実際
臀部の外側から切開をして、大腿骨頭(写真中央の丸い部位)にアプローチします。
この際、筋肉の切開を最小限に留めることが、術後の早期回復に重要といえます。
DSCF3031 c
実際に切除した大腿骨頭の写真です。通常は平滑は表面であるのに対して、たくさんのひび割れ構造となっているのが本疾患の特徴です。
DSCF3040 b

レッグ・ペルテス病の予後
予後は様々です。術前の状態、術後管理によって大きく左右されます。術前の状態と比較して、患肢の機能は改善されますが最大で50%の症例で様々な程度の破行が残ります。特に、術前に負重が認められない場合や、筋肉の萎縮が重度に進行した場合は、機能回復が認められない場合があります。また、雨天時や激しい運動の後、しばらく運動をしていなかった後などに、軽度の破行が一時的に生じる場合もあります。

本疾患は初期の診断が難しいという特徴があります。特に成長期の子犬で、持続的に後ろ足の歩様異常が出ている場合には、本疾患を鑑別疾として考慮して、繰り返しレントゲン検査を受けることがとても大切であると考えられます。