• ホーム
  • 病院のご案内
  • 診療時間・アクセス
  • 臨時休診日・診察時間変更などのお知らせ
  • 病院だより
  • コラム診察室
  • 病院の症例
  • 看護師通信
  • スタッフ紹介
  • リンク

  病院だより

 

厚別中央通どうぶつ病院では、下記の要件にて獣医師(新卒、既卒)を募集しています。
・超音波造影(ソナゾイド)に興味があり勉強をしている獣医師
・専門領域で能力を伸ばしたいと考えている獣医師
・積極的に学会参加をして生涯教育を受けたい獣医師
・専門分野での認定資格の取得が必要な獣医師
・薬膳や漢方、オゾン療法に興味があり勉強をしている獣医師
・これから臨床現場にでるが、診療全般を学びながら専門領域にも興味のある新卒獣医師

既卒獣医師の方へ
能力を伸ばしたい専門分野での学会参加、資格取得の助成を行います。
新卒獣医師の方へ
診療全般の能力の育成、伸ばすべき専門領域への進み方の助言、また認定や資格を得られるまでの助成を行います。

ご興味のある方、まずはお電話にてお気軽にお問合せ下さい。

犬の平均寿命と犬種の傾向

9/18は、敬老の日であり、全国各地で長寿の方々、長寿動物のお祝い行事が行われました。札幌でも9/2の愛護フェステバルで長寿犬の表彰がされています。 各雑誌等で犬の平均寿命は、約15歳と記載されていることが多いですが、アニコムのデータでの平均寿命は、2014年で13.7歳となっています。しかしながら、犬種別の平均データの記載をみることはあまりありません。  今回、2016年にアニコム家庭どうぶつ白書で発表された犬種別の平均寿命についてご報告します。

《10Kg未満》
①15.3歳・・トイ・プードル
②14.6歳・・M.ダックス、混血犬
③14.5歳・・パピヨン
④14.4歳・・ビション・フリーゼ、ジャックラッセルテリア、カニヘン・ダックス
⑤14.1歳・・ウェスティ
⑥13.8歳・・イタリアングレーハウンド、M.ピンシャー
⑦13.7歳・・チワワ
⑧13.6歳・・ポメラニアン、ヨーキー、シーズー
⑨13.2歳・・M.シュナウザー
⑩13.1歳・・マルチーズ
⑪12.9歳・・ペキニーズ
⑫12.6歳・・シェルティー
⑬12.3歳・・パグ
⑭12.1歳・・キャバリア
⑮11.9歳・・ボストン・テリア

《10Kg以上》
①14.5歳・・柴
②13.9歳・・混血犬(10~20Kg)
③13.3歳・・ビーグル
④13.2歳・・アメリカン・コッカー、ボーダー・コリー
⑤12.8歳・・ラブラドール・レトリーバー
⑥12.5歳・・ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
⑦11.5歳・・フレンチ・ブルドック
⑧11.1歳・・ゴールデン・レトリーバー
⑨8.4歳・・バーニーズ・マウンテン・ドッグ

超大型犬や大型犬群は中型・小型に比べて寿命が短いものの、5Kg以下のトイ種よりも5~10Kgの小型犬種で若干寿命が長い傾向がみられています。 当院でも平均寿命を超えて、元気なワンちゃんがいっぱいいます。犬種にかかわらず、みんなが長生きしていけるよう、これからも寄り添えた診療を目指していきたいと思います。

獣医師 半澤

超音波造影ソナゾイドを導入

肝臓腫瘍の診断に高い有効性を示す超音波造影検査(ソナゾイド)が、当院で実施できるようになりました。ソナゾイドの導入により、これまで全身麻酔下による手術や大学病院でのCT造影検査でしか診断ができなかった肝臓腫瘍に対して、無麻酔で、かつ高い正診率による診断が可能となります。

超音波造影検査ソナゾイドの対象
・肝臓にシコリが発見されたが、病気や年齢により麻酔下でのCT検査を迷う時
・肝臓にシコリがあるが、手術又は経過観察の判断を迷う時
・良性腫瘍疑いとして経過をみているが、ガンの心配がつきまとう時
・健康診断で肝臓のシコリが見つかった時

ソナゾイドの利点
・無麻酔でCT造影検査と同等の正診率
・造影剤の副作用が極めて稀
・通常エコー検査では検出できないシコリの検出が可能な場合がある
・腎疾患、肝疾患を持っていても実施可能

ソナゾイドの欠点
・造影剤に卵成分を含むため、卵アレルギーのコには使用ができない
・現時点では、すべての腫瘍に対応できるわけではない
・他の造影剤と比較して報告は少ないが、アナフィラキシー、下痢、頭痛などの報告もある。

当院がホームドクターの飼主さまへ
○対象となる場合は、お気軽にスタッフまでご相談下さい。

当院以外がホームドクターの飼主さまへ
○まずはお電話にてご相談下さい。対象疾患か否かをご相談させていただきます。

 

動物愛護フェスティバル

9月2日、道庁赤レンガ庁舎前庭、2階会議室、地下歩行空間で、動物愛護のイベントが開催されました。当院からは、私と看護師2名がお手伝いに参加してきました。  天気は、暑すぎず、寒すぎずのちょうどいい気候で、お客さんも一緒に連れられたワンちゃんも、体験のために来ているワンちゃんたちも過ごしやすそうでした。場所柄、イベントではなく、赤レンガを目的で来られている観光客も多かったですが、関心をもっていただけているようでした。

赤レンガ庁舎では、盲導犬との触れ合い、セラピー犬との触れ合い、チャリティーグッズの販売、保護犬猫の譲渡など盛りだくさんのブースがありましたが、やはり人気があるのは獣医師体験。テレビの撮影もされていましたので、ニュースでご覧になられた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

とても充実した内容で楽しめます。ご興味のある方、来年ぜひ参加してみてください。

獣医師:半澤

当院の看護師が本に載りました!

全国の様々な病院で活躍する動物看護師を紹介する書籍『動物看護師になるには』に当院の看護師が載りました。
本著は、『なるにはBOOKS』シリーズとして様々な職業の生きた姿を紹介する職業ガイドブックで、ノンフィクション作家の井上こみち先生がご担当され書籍となっています。

獣医療の高度化、多様化に伴い動物看護師が獣医療に果たす役割はますます大きくなってきた昨今。全国で活躍する素晴らしい看護師さんがたくさん登場しています。動物看護師に興味があり、これから目指したいと考えている方はぜひ読んでみてください。

51CcLItCz-L__SX344_BO1,204,203,200_

 

厚別中央通どうぶつ病院では、下記の要件にて獣医師(新卒、既卒)を募集しています。
・専門領域で能力を伸ばしたいと考えている獣医師
・積極的に学会参加をして生涯教育を受けたい獣医師
・専門分野での認定資格の取得が必要な獣医師
・これから臨床現場にでるが、診療全般を学びながら専門領域にも興味のある新卒獣医師

既卒獣医師の方へ
能力を伸ばしたい専門分野での学会参加、資格取得の助成を行います。
新卒獣医師の方へ
診療全般の能力の育成、伸ばすべき専門領域への進み方の助言、また認定や資格を得られるまでの助成を行います。

ご興味のある方、まずはお電話にてお気軽にお問合せ下さい。